書類での申し込み

最近、カードローンの申し込み手続きはパソコンやスマートフォン端末から気軽に行なうことが出来るようになり、以前に増してかなり便利度が増しています。しかし、便利な反面このような端末の扱いに慣れていない中高年~高齢者の方の間で、申し込みフォームの記入ミスによる審査トラブルが年々増加しています。

 

インターネットからカードローンに申し込む際、用意された申し込みフォームの項目を全て埋めることは最低条件とされています。この時、項目の記入方法や表記の仕方を誤ったまま申し込みを行なってしまうと、心証が悪くなり審査に不利に働きます。たかが数か所の記入ミス、と思われるかもしれませんが、このような不備も審査に影響を与えるのです。

 

スマートフォン用のフォームで多用されているチェックボックス式の項目なども、中高年に方にとっては見づらいデザインであり、記入ミスを招く一因になっています。

 

カードローンの申し込み方法は、インターネットの他に書類での手続きも可能になっています。インターネットより時間がかかるのが難点ですが、中高年の方にとってはこちらの方法の方が記入ミスを防ぐという意味でもおすすめです。また、書類での手続きであれば、申し込み書に提出書類を添えて送付できるので、わざわざ画像を用意する必要もありません。

 

ただし、最近の金融機関のカードローンでは、書類による手続きを受け付けていないところもあります。オリックス銀行カードローンにおいては申し込みはネットからとなるため、書類では手続きが出来ないのです。そのあたりの詳しい情報はカードローン即日融資でも書かれているので、見ておきましょう。